アボガドは別名『森のバター』と呼ばれており、濃厚でクリーミーな味わいです。

生で食べれます。そのままマヨネーズやドレッシングをぶっかけて食べるのも美味しいです。

なお、買ってきたばかりで固い時はまだ食べ頃ではありません。
しばらく常温で放置します。

指で押してみて柔らかくなり、実の色が黒っぽくなってきた時が食べ頃です。

アボガドとじゃがいものポテサラ

食材 備考
 アボガド
 じゃがいも  皮ごと。薄切り。
 マヨネーズ  手作り。マヨネーズの作り方のページを参照。
 桜えび  桜えびではなく、シャケを入れても合うと思います。
 塩コショウ  少々。

アボガドの切り方

  1. 種に到達するまで切り込みを入れる。(種は硬くて切れない)
  2. 種にそって一回転するように切る。
  3. 上と下を逆方向に回してパカっと開ける。
  4. スプーンで中の実をくり抜く。(皮はマズくて食べれません)

 アボガド切り方

作り方

  1. ホットプレートにクッキングシートをしいて、薄切りにしたじゃがいもを並べる。フタをして加熱する。
  2. 加熱している間に、マヨネーズを作ったり、アボガドを切ったりする。
  3. じゃがいもに火が通ったら、ボウルに移す。泡立て機で潰す。
  4. アボガド、マヨネーズ、桜えび、塩コショウを入れて混ぜる。

アボガドは『森のバター』と呼ばれるだけあって、油を含んでいます。
そのため、マヨネーズは入れすぎると、油っぽくなってしまうのでご注意ください。

ちなみに、辞書などに乗っている正式名称はアボガドではなく“アボカド”です。


この記事が役に立ったらシェアしてください