シンプルな高野豆腐の炒め物のレシピです。

高野豆腐には、大豆由来の鉄分・カルシウムが豊富。
イソフラボンもアミノ酸も入ってます。

炒め物や煮物、和食、洋食どちらでも使える高野豆腐。
保存が効くし、コストパフォーマンスも良いです。

高野豆腐は木綿豆腐を冷凍し、水分を飛ばして更に乾燥させて作られています。
そのため、栄養成分が凝縮されており、他の大豆製品より栄養価が高いようです。

というわけで、高野豆腐食って筋肉つけるぞー。

高野豆腐と荒布の炒め物

食材 備考
 高野豆腐  短冊切り
 きざみあらめ  水に30分漬けてもどす
 にんじん  いちょう切り
 玉ねぎ  くし形切り
 小松菜  ざく切り
 卵  1個
 塩コショウ
 コンソメ  粉末
 醤油
 清酒・みりん
 ごま油

作り方

  1. 高野豆腐はぬるま湯でもどして絞る。
  2. カットした高野豆腐には、適度に水を染み込ませておく。
  3. 卵は解きほぐす。
  4. フライパンにごま油を熱して、ニンジンを炒める。
  5. 玉ねぎ、あらめ、コンソメを入れて炒める。
  6. 酒・みりんを入れ、アルコールが飛ぶまで炒める。
  7. 醤油、高野豆腐の順に投入。
  8. 小松菜を入れて炒める。
  9. 具材を端によせ、開いた所に溶き卵を入れる。混ぜる。

高野豆腐で炒めものを作る時は、先に高野豆腐に水を染み込ませておいた方が美味しいと気づきました。水を染み込ませずに高野豆腐を炒めると、パサパサした食感でイマイチになってしまいます。

酒は、アルコールが飛んでから高野豆腐を入れないと、高野豆腐にアルコールが染みこんでマズくなります。


この記事が役に立ったらシェアしてください