今回から少し、マインドセット的なことを考えてみようと思います。

さて、突然ですが、皆さんはダイエットにどんなイメージをお持ちですか?

恐らく、ダイエットに対する一般的なイメージは「きつい、面倒くさい、難しい」などではないかと思います。だからこそ、ダイエットの広告は「簡単・ラク・◯◯するだけ、1週間で◯◯kg痩せる方法」…のような言い回しで宣伝しているわけです。

なぜ、ダイエットは難しいと思われているのでしょうか?

ダイエットを始めるからには何らかの動機があるはずです。そしてそこにはポジティブな熱意があったはず。(健康促進・健康維持・異性にモテたいなど)

しかし、時間が経つと最初の熱意は徐々に薄れていってしまうものです。
ダイエットを途中で投げ出し、元に戻って食べまくってしまうこともあるかも知れません。ダイエットが続かないというのはよく聞く話です。

なぜ、ダイエットで挫折してしまうのでしょうか?

なぜダイエットは難しいのか。なぜダイエットで挫折してしまうのか。その答えは脳のしくみにあります。

そもそも私達の脳には、たったひとつの、絶対的な『使命』があるのです。
脳はその使命を忠実に実行している。

そう。私達の脳の使命とはすなわち、『幸せになる』ことです。

幸せのカタチは人それぞれですが、その根底には、
「楽しい、面白い、気持ちいい」といった快楽・快感の感情があります。

幸せになること、快感を得ることが脳の使命です。そしてそれは書き変え不可のプログラム。pcやスマホでいうと、osの部分、WindowsやAndroidということになります。

ここでさっきのダイエットのイメージを思い出してみてください。

「きつい、面倒くさい、難しい」

言うまでもなく、快感とは真逆の感情ですね…。
脳は、幸せになるために働く。逆に幸せにならない、不快なこと、苦痛なことのためには働かない。

どーりでダイエットが続かないわけです。

私達の意思の力では、脳のプログラムを書き変えることはできません。

ならばいったいどうすればいいのか?

書き変えることはできませんが、利用することはできます。

脳に「ダイエットは快感」だと思い込ませればいいのです。

『これでいいやってならない理由は、ぼくの場合は、野球が好きだから、です。好きなことだから、努力することが苦痛ではない。1番好きなことを仕事にしそれを追求することが、成功の1番の近道のようです』

これはイチロー選手の言葉です。

その道のプロフェッショナル達は、努力を苦痛と感じていないということですね。

ダイエットに努力は必要だけど、それは苦痛ではなく快感。
私達もプロを見習って、「ダイエットはきつい、死ぬほど努力しなければならない」というイメージは捨てましょう。

未来の理想の自分、理想のボディラインをイメージしてください。

そして、目標(理想)に近づくのがとにかく嬉しい、快感だと自分に言い聞かせてください。


この記事が役に立ったらシェアしてください