前回、ダイエットで挫折しないためには、脳にダイエットが快感だと思わせればいい、と書きました。ダイエットで挫折してしまう原因は、私達の意思が弱いというよりむしろ、脳のシステムに問題があったわけですね。

次は実際に、脳にダイエットを快感だと思わせる方法について考えてみようと思います。

快感の感情を引き出すために、快感とは逆の感情…すなわち、不安や恐怖の感情を打ち消す。まずは、ダイエットが失敗する可能性を自分なりに探ってみましょう。そして、ダイエット失敗の原因と対策を考えます。

●ダイエット失敗例・体重が減らない

考えられる原因

  1. 全体的に食べる量が多い?
  2. 糖質の摂り過ぎ?
  3. 肉を食べる量があまりにも多い?
  4. 塩分の摂り過ぎ?
  5. 運動不足?

対策

  1. 食べる量を減らす
  2. 糖質を減らす
  3. 肉はほどほどに食べる
  4. 塩分の摂り過ぎに気をつける
  5. 適度に運動する

 ●体重の減りが不自然(体重は減るが、体脂肪が減らないなど)

考えられる原因

  1. 食事のバランスが悪い?
  2. 運動不足?

対策

  1. 毎日違ったものを食べる
  2. いりこなど、小魚の全体を食べる
  3. 適度に運動する
  4. 適度に筋トレする

●合コン、ノミニケーション、主婦会などで食べ過ぎてしまう

考えられる原因

  1. 食べ過ぎ?
  2. 飲み過ぎ?

対策

  1. 量を多く食べなければならない時は、糖質や炭水化物が多そうな料理や酒をなるべく避ける
  2. 可能なら、食べた後30分後にごく軽い有酸素運動を30分程度行う。
  3. 食べ過ぎた次の日は、いつもより多めに運動する
  4. 次の日は食事の量を少なめにする

●リバウンド

考えられる原因

  1. ストレスによる過食?
  2. 何らかの理由で運動出来ない日が続いた?
  3. 何らかの理由で食事制限出来ない日が続いた?

対策

  1. なるべくストレスを溜めないようにする
  2. 食事制限も運動もバランスよく行い、どちらか一方が出来ない場合は、もう一方で補えるようにする

こんな感じにです。なぜこんなことをするのかというと、
人は、見えないもの、よく分からないものに対して、恐怖を抱く生き物だからです。

したがって、失敗する可能性を明確にする。そして失敗に対する対抗策が分かっていれば、恐怖はなくなるというわけです。

これで、ダイエットで挫折しないための「自信」を手に入れることが出来るのです。

失敗の可能性と、それに対抗する方法は、なるべく多く考えておくと良いでしょう。


この記事が役に立ったらシェアしてください