トレーニングとか食事制限とか、どうにもこうにもやる気が出ない時があると思います。

人間、感情の波があって当たり前ですので、やる気が出ない時の対処法を考えてみたいと思います。

春風

他人と自分を比較しない

他の人と自分を比較することによって、ライバル心や対抗心に火がついてやる気が出ればいいのですが、ダイエットや筋トレを始めたばかりの初心者の場合は特に、他人と自分を比較してしまうと、ポジティブよりもネガティブな気持ち、悲観的な気持ちになってしまうことが多いようです。

それもそのはず。
まだダイエットを始めたばかりで、自分の体型に自信がない人が、
すごいスタイルのいい人・バキバキに腹筋の割れたガタイのいい人と自分を比較してしまったら、

「私にはとてもじゃないけど無理」「あの人完璧すぎる」

という気持ちになってしまうのも当然のことだと思います。

まあ、しかしですね。正直、他人と自分を比較してもあまり意味が無い。他人は他人、自分は自分と割りきってしまうのも、悪くはないと思うのです。

なにしろ、完璧なものはこの世に存在しません。光があるところには、必ず影もあるものです。

それに、完璧なスタイル(に見える)を持っている人でも、最初から完璧なスタイルではなかったはずです。

才能とか環境とかもあるでしょう。しかし、きっとすごい努力もしていて、だからこそ、完璧なスタイルを維持できているのではないでしょうか。

はじめは皆初心者(ロールプレイングゲームに例えるならレベル1)だったということですね。

ダイエットの名言

 ダイエットなどで目標達成する時に役に立つ、やる気の出る名言を集めてみました。ネガティブになった時にどうぞ。

失敗すればするほど、我々は成功に近づいている。

もちろん、生まれつきの能力の問題もまったく無視はできない。それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。絶え間なく、粘り強く努力する。これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。

– byトーマス・エジソン –

偉大な栄光とは失敗しないことではない。失敗するたびに立ち上がることにある。

– byエマーソン –

ステップ・バイ・ステップ。どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない。

– byマイケル・ジョーダン –

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

– byイチロー –

自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。

– byプラトン –

考えるより先に行動する

人間は必ずしも、やる気を出してから行動するわけではないようです。
やる気→行動だけではなく、行動→やる気というパターンもあります。

むしろ、最近の脳の研究では、行動した後でやる気が出てくることが判明しているそうです。

したがって、やる気が出ない時でも、
とりあえず体を動かし始めればやる気は後からついてくると考えられます。

机や床を拭くなど、簡単な行動でも、やる気のスイッチを入れることができます。

とにかく続ける

ダイエットを始めたからには、
ある程度の効果(体重減少や体脂肪率の減少)が得られるまでは続けたいものです。

マイペースでも、時々トレーニングをサボってもいいので、
とにかく続けていれば、何か必ず得るものがあります。

失敗からも得るものが必ずあります。ポジティブに考えましょう。


この記事が役に立ったらシェアしてください