なぜダイエットが上手くいかないのか。

その答えは大きく分けて2つあると思います。

ひとつはダイエットを続けられないこと。もうひとつは、ダイエットに悪影響を及ぼす習慣や行動をやめられないこと。

今回は、悪い習慣をどうやったらやめることができるのかについて考えてみます。

一般的に悪い習慣といえば、例えば過食だったり、飲酒やタバコ(飲酒やタバコからくる過食)、などがあります。また、トレーニングをやるべき時に別の行動をとってしまい(ゲームなど)やるべきことができなくなってしまう、というのも悪い習慣です。

まずは、自分にとっての悪い習慣を見つけるところから始めないといけません。人は意外と、自分の悪い習慣(悪い癖)に気がついていないのです。

悪い習慣を見つけ出すためには、自分の行動を記録するのが1番です。記録媒体は自分の好きな物でいいと思います。pcやスマホで管理したいなら、グーグルカレンダーが便利で優れています。グーグルカレンダーは、スケジュール管理アプリとして、ビジネスの分野でもガンガン利用されています。

とりあえず、食べた物を記録するだけでいい、と言うなら、ツイッターで食べた物をつぶやくのもOKでしょう。

ちなみに私も、pcのアプリで自己管理やろうとしたことがあったのですが、速攻で飽きました。ってか、打ち込むのがメンドクサカッタです。私は日記をつけれないタイプでもあります。ツイッターで今日食べた物をつぶやくのすら、2日で飽きたほどのスーパーめんどくさがりです。

もしかしたら、めんどくさがり屋の同志がいるかもしれないので、スーパーめんどくさがりの私でも実行可能な、自己管理の方法をご紹介します。

用意するのは、色鉛筆とノートです。あえてアナログ、手書きで行きます。

手書きは脳を活性化すると言われているからです。そして、色鉛筆で色分けして書いた方が見やすいし、脳も活性化します。黒一色だと殺風景でつまらなくなってしまいます。3色くらいは使った方がいいと思います。

あんまり厳密にやろうとすると、かえって続かなくなってしまうので、必要最低限の項目だけ記録していれば十分です。

めんどくさがり屋でも続けられる自己管理ノートの書き方

  1. まず、今日の日付を書きます。次にその日の目標を赤で書きます。
  2. 今日、必ずやらなければならないことを書き出します。(ダイエットならおやつを1つがまんする、トレーニングをするなど)
  3. 今日の予定をざっくりと、時系列に書き出します。(『7:00~8:00=トレーニング 8:00~8:30=入浴』のように書きだす)
  4. 予定の横に、実際の行動と時間を書きます。(6:00~7:00=ラーメンを食べた、ビールを飲んだなど)
  5. 最後に、今日の反省点(良かった点・悪かった点)などを簡単に書きます。

これを一週間ほど続ければ、自分の行動のパターンや、食事の傾向が見えてくるはずです。

■書く時のポイント

数値を意識し、時間情報などは細かく書き込みます。体重や体脂肪などのパラメータを書き込んでもいいと思います。

でも、カロリー計算などはめんどくさいので不要。何を食べたかだけ記録していればOKでしょう。後で見なおして、「なんか糖質が多いな」とか、「肉ばっか食ってるな」とかの傾向が見えてきたら、その部分を改善すればいいのです。

必ず、簡単な目標でいいので目標を立て、達成できるように考えます。

気づいたこと、思いついたことは、忘れないうちに、すぐにノートに書き込むようにします。

行動の記録が多すぎると、ゴチャゴチャして見づらくなる可能性があるので、仕事用とダイエット用で分けて書く、というのも面白いかも。


この記事が役に立ったらシェアしてください