結石予防のまとめです。

尿路結石の予防の知識は、他の生活習慣病の予防にも役に立ちます。

食べて直ぐ寝てはいけません

実は、食事の後が最も結石のできやすいタイミングです。食事の後は体内のシュウ酸が増えるからです。

食べて直ぐ寝てしまったら、寝ている間はトイレに行くことができません。尿中のシュウ酸濃度が高いまま、数時間放置されることになってしまいます。

多少シュウ酸が増えても、用を足せば、シュウ酸は尿と一緒に流れ出て行くと考えられます。

食事後、睡眠までに最低でも3時間、できれば4時間は空けた方が良いとのことです。

尿が濃くなりすぎないように気をつける

石は夜作られることが多いのです。夜は尿量が減りますので、石ができやすい人は、なるべく寝る前や夜に水分を摂るようにして、途中で目が覚めたら、また水分を摂るようにして、夜中に、1、2回はおしっこに起きる方が結石予防にはなるのです。だいたい尿の色で判断できると思いますが、濃い色、黄色がひどい時には赤っぽくなる。そういう色のおしっこは、リスクが高いと言えますね。

引用元: 尿路結石の最新治療 « 熊本泌尿器科病院.

夜中に何度もトイレに起きるのは、睡眠の質が悪くなるので、なるべくなら避けたいところなのですが…。兼ね合いが難しいですね。

私は、あまり夜中にトイレに起きたくないので、寝る直前には水は飲みません。その代わり、夕食から睡眠までに、4時間以上は空けるようにしています。

その他・結石を防ぐ成分

◇マグネシウム

マグネシウムは、尿路結石を防ぐだけでなく、骨の形成にも深く関わっているミネラルです。カルシウムとは二人三脚の関係で機能し、骨粗しょう症を防ぎます。どちらかが欠けると機能できません。

結石予防のためにカルシウムを積極的に摂る時は、一緒にマグネシウムの補給もお忘れなく。

マグネシウムを多く含む食品は、

  • 蕎麦
  • わかめ
  • ひじき
  • 納豆

などです。

◆クエン酸

尿路結石で入院している患者さんには、クエン酸飲料が出されているそうです。尿路結石にクエン酸は効果ありと見ていいでしょう。

レモン、酢、梅干しなど、酸っぱい食材にはクエン酸が多く含まれています。

尿路結石予防まとめ

◎水分を十分に摂ることが最も大切

目安は、食事以外で1日1.5~2リットル。水分補給量の適量は人によって違うので、自分の体調に応じて調整する。例えば、外回りで汗を沢山かくなら、2リットル以上飲んでも問題ない。逆に、デスクワークであまり汗をかかない場合は、水分補給は1.5リットル以下でもOK。尿が濃くなりすぎないようにする。

皆様すでにご存知の通り、夏場や運動後など、汗を大量にかいた後の水分補給には、水だけでなく塩分と糖分の補給も必要です。

水と一緒に摂りたい理想的な食品は、梅干しと蜂蜜です。

◎次に大切なのは、食べて直ぐ寝ないこと

夕食後、寝るまでに最低3時間、可能なら4時間は空ける。

水の適量を確かめる方法

尿の色を見れば水分の適量が分かります。

  • 無色透明…水分摂り過ぎの傾向
  • 薄い黄色(麦藁色)で透き通っている…健康
  • 濃い黄色…水分不足の傾向
  • 濃い琥珀色…水分不足の傾向

食事に気をつける

◎カルシウムが多い食品を毎日食べる

カルシウムを多く含む食品…牛乳、煮干し、胡麻など。

煮干しは塩分・プリン体が割と多いので、1日で1袋など大量に食べるのは良くありません。カルシウムの供給源は1つに頼るのではなく、様々な食品から摂るのがベストです。

■クエン酸を補給

ポッカレモンなどのレモン果汁濃縮還元ジュースなら、手軽にクエン酸を補給可能。甘味料が使われている甘いレモンジュースは避ける。

追記:レモンジュースは手軽さが嬉しい反面、飲み過ぎてしまわないようにご注意。クエン酸はミカンなどの柑橘類に多く含まれるので、果物からの補給をメインにするのがベストです。

クエン酸やカルシウムは「同時に食べる」というのが重要なポイント。

食後のデザートとして食べたり飲んだりしても、時間が空いて意味がなくなってしまいます。

胃の中で合成させる必要があるのです。

▲野菜を多めに、バランスよく食べる。

肉だけ、魚だけ、の偏食にならないように気をつける。

バランスよく食べるというのは難しく、面倒くさい気がします。しかし「毎日違うものを食べる・昨日とは違う料理を食べる」ということを意識していれば、偏食を防ぐことができます。

ホエイプロテインは、アミノ酸バランスが良く、脂質をあまり含まないので、結石予防の観点からは安全だと言える。

ホエイプロテイン自体はアミノ酸スコアが100です。

しかし、他の食べ物と一緒に食べると、アミノ酸スコアは下がります。アミノ酸スコアは合計で算出されるからです。

プロテインの摂り過ぎはタンパク質過多になる可能性があります。アミノ酸スコアの高い食品であっても、必要以上にタンパク質を摂り過ぎてしまうと、体に負担がかかるのでご注意ください。

尿路結石の早期発見/対策

尿路結石発生のメカニズムは、まだ完全に解明されておらず、原因が不明の部分も多い病院です。

予防策も完璧とは言えません。そこで、尿路結石が酷くなる前の段階で発見する知識も持っておきましょう。

サイト内リンク案内矢印シュウ酸が多い食べ物&シュウ酸が尿に増えているか確かめる方法

前述の引用文にも書いてある通り、濃い尿に注意することが第一です。濃い尿が続いている時は、水を飲んで尿を薄めることが必要です。


この記事が役に立ったらシェアしてください