実は、肉好き、お酒好きの人は尿路結石になりやすいというデータがあります。

今日の日本人の総タンパク質および動物性タンパク質摂取量は栄養所要量をはるかに上回っており,特に結石患者さんではその傾向が顕著です.つまり,結石患者さんの食生活は肉食中心の今日の日本人の食生活をより顕著に示しているといえます.動物性タンパク質摂取量の増加は,結石の生成を阻害する尿中クエン酸の排泄量を減少させます.戦後本邦において腎尿管結石が急増した重要な原因の一つといわれています.

引用元: 腎尿管結石/泌尿器科/診療科のご紹介/館林厚生病院.

更に、肉類の脂質(油)は、シュウ酸と同じく、カルシウムと結合しやすいという特性があります。
肉の脂肪酸がカルシウムと結石してしまうと、シュウ酸はカルシウムと結合できず、そのまま腸から吸収されてしまいます。

つまり、肉類過多だと、尿中のシュウ酸濃度が上がり、シュウ酸カルシウム結石ができやすくなる可能性があります。

また、肉類に含まれるプリン体は尿酸値を上げるため、結石ができやすくなる。

菜食主義の方における結石発生頻度が低いことは確かなようです。野菜に多く含まれるマグネシウムや食物繊維が有効と考えられています。

引用元: 京都府立医科大学泌尿器科学教室 主な疾患>尿路結石症.

ベジタリアンの人には尿路結石が少ないとのことです。肉類はほどほどに食べるのが無難な選択だと思います。

ホエイプロテインで尿路結石予防?

・牛肉や豚肉などの動物性蛋白質はプリン体が多く含まれており尿酸値を上昇させる。 ・プリン体を摂らずに体に必要なアミノ酸だけをバランスよく摂るにはプロテイン・サプリメントが良いそうだ。 ・大豆蛋白はプリン体含有量が多い。牛乳蛋白がお勧め。 ・体が必要とする以上の蛋白質(特にアミノ酸バランスの悪い蛋白質)をとると、尿酸として代謝、排泄される。このため、アミノ酸バランスが良いホエイプロティンがお勧め。

引用元: 病気.

ホエイプロテインで尿路結石を予防という情報も。牛乳はプリン体がゼロ。ホエイプロテインは牛乳からできているので、プリン体がゼロ。更に、脂質もカットされている。

追記:ホエイプロテインはアミノ酸スコアが100なので、バランスに優れています。

しかし、他の食べ物(アミノ酸バランスが悪い)と一緒に食べると、アミノ酸スコアは下がってしまいます。

アミノ酸スコアは総合評価だからです。

プロテインの使用は各メーカーの用法用量を守り、過剰摂取にご注意ください。

▲過剰な飲酒

アルコールは体内でシュウ酸やプリン体に変わることが知られています。

ビールの飲み過ぎでトイレが近くなると、体内の水分が少なくなり尿が濃くなり、尿路結石ができやすくなってしまいます。

▲魚の食べ過ぎもアウト!?

肉がダメなら魚。確かに、肉より魚の方が健康っぽいイメージがあるかと思います。

しかし、忘れてはならない事実があります。

それは、魚好きで有名なタレントさんの『さかなクン』が尿路結石になっているという事実です。

魚の食べ過ぎが原因だと指摘しているお医者さんもいる模様。魚過多の偏食が仇となったようです。

野菜もバランスよく食べましょう。

糖質を食べ過ぎないことは大切

尿路結石の患者さんは、メタボの人が多いというデータがありますので、糖質制限でメタボを予防することには意味があります。

砂糖・塩は控えめに。

結石予防の観点から見ると、穀物(炭水化物)は、結石予防効果のあるマグネシウムや食物繊維をほどよく含んでいるため、制限する必要はないようです。


この記事が役に立ったらシェアしてください