pm2.5とは?

pm2.5が連日話題となっていますね。

まずは、pm2.5が何なのか、簡単におさらいしてみたいと思います。

pm2.5をざっくり説明すると、要は「超ちっちゃい有害物質」です。

pm2.5 大きさ

見ての通り、スギ花粉よりはるかに小さいです。

小さいので、人体の奥深くに入り込みやすいと見られています。

更に最近は、pm2.5だけでなく「pm0.5」の脅威も叫ばれだしてきました。

pm2.5が直径2.5マイクロメートル以下の物質なのに対し、pm0.5は直径0.5マイクロメートル以下の物質です。

pm2.5のさらに小さいバージョンがpm0.5だということです。どちらも有害物質であることに違いはありません。

pm2.5の実害とは

pm2.5は中国から送り込まれてくる有害な産業廃棄物です。

かつての日本でも、高度成長の時代に公害との戦いがあったと伝えられています。それらは4大公害(熊本水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜん息)と呼ばれ人々から恐れられました。先人達は多大な犠牲を払いながらも公害を克服し、今や日本の環境浄化技術は世界トップクラスだとも言われています。

四日市ぜんそくの主原因とされる硫黄酸化物は、pm2.5にも含まれています。

四日市ぜんそく克服までの歴史(PDF)

中国は今が高度成長期らしく、公害が凄まじいことになっているというわけです。

pm2.5の実際の症状

pm2.5は、花粉症と似たような症状が出てくると言われています。目・鼻・喉などの異常です。

pm0.5は更に人体の奥深くに入り込み、血液に乗って全身に回る。何が起こるか詳細は不明。pm0.5のデータはまだ少ないため、不明な点も多いようです。

危険度は濃度に比例します

当然ながら、中国本土の人々の被害が最も深刻です。喘息や肺癌などが次々と発生していると言われています。

pm2.5対処方法は?

中国自体が2.5の削減に取り組むことが最も有効な対処法だと考えられます。

まぁ中国は独裁国家らしいので、あまり期待はできないかもしれませんが。

当面は、日本国民が自分達で自衛するしかないようです。

まずは冷静になりましょう。

一番問題なのは濃度です。中国のpm2.5発生源からは距離が離れているので、薄まって幾分かマシになっていると思われます。

環境省の大気監視システム「そらまめ君」がpm2.5の状況をモニタリングしています。

pm0.5はpm2.5に混じって飛んでくるので、とりあえずpm2.5に注目しておけばOKです。

健康被害が出てくるかもしれない危険な水準に達すると警告を発してくれます。毎日更新されているので、気になる人は必ずチェックしておきましょう。

自分の住んでいる地域のpm2.5の状況を確認【各都道府県公式サイトへのリンク】

都道府県によっては、注意情報をメールで知らせてくれる所もあるようです。

闇雲に恐れるのではなく冷静に。どこからが危険な数値なのか確認しつつ対処すべきではないかと思います。

マスクも空気清浄機も意味が無い!?

物事を一方方向からしか見ていないと、判断を見誤ることがあります。

pm2.5のニュースを聞いていると、pm2.5だけに目が行きがちです。そして、pm2.5を除去する高価なマスクと空気清浄機さえ買えば安心だと思いがち。

しかし、病気のリスクは様々な要因が絡んでいます。病気の原因は1つではなく複数あることが多いのです。

例えば、肺癌の原因が「pm2.5」「タバコ」「ストレス」だとします。(あくまで例えです)

例えばこんな感じ(合計10ポイントで病気になると仮定)

■pm2.5=4 タバコ=0 ストレス=3 合計7ポイント

↓pm2.5マスクを装備するも、仕事のストレスからタバコを初める

■pm2.5=0 タバコ=4 ストレス=6  合計10ポイント

pm2.5のリスクがゼロだったとしても、他のリスクが高ければ癌になってしまうかもしれないのです。物事は総合的に判断する必要があります。

総合的に考えると、すべてのリスクをゼロにするのは不可能だということに気づかされます。どこかで折り合いをつけるしかないのです。

とはいえ、中国ではpm2.5が深刻な健康被害を及ぼしている現実があります。pm2.5が有害なのは事実なので、対策は必要だと言えます。

特に、抵抗力の低い、子供やお年寄りは注意が必要です

pm2.5対策マスクを買う際に注意しておきたいこと

メディアではpm2.5報道が頻繁に行われています。

それに伴い、マスクの需要がとても高まっているようです。いわば、マスクが売れまくるブームの状態。

実は、このブームの状態は危険でもあるのです。流行りに便乗してお金もうけを企む詐欺師が必ず出てくるからです。

例えば、こんな注意喚起がなされています。

専門家は「粗悪品のマスクに含まれている揮発性の化学物質が健康に害を及ぼす可能性があるうえ、細菌が繁殖する温床になり、呼吸器に大きなリスクをもたらす可能性がある」と注意を呼びかけた。

引用元: サーチナ|PM2.5商法の「偽」防塵マスク、微粒子よりむしろ危険=中国.

上記の例は中国の場合です。しかし、日本国内でも同じような詐欺が起こる可能性は十分にあると考えるべきです。

こんなことも容易に想像できると思います。

中国で安くpm2.5マスク(粗悪品)を作り日本で高く売る

事実、中国はモンクレールやヴィトンの偽物(コピー商品で犯罪)を大量に作っています。

偽ブランド品、中国からが9割超 財務省まとめ

で、作られた偽ブランドが何処にやってくるかというと…。

もちろん、日本な訳です。

中国産のタケノコを国産だと偽っていた事例もありましたよね。マスクを買う際は慎重に選ぶことをおすすめします。

今の時代、「値段が高い=良い商品」という図式は成り立ちません。詐欺師は、「価値の無いゴミに法外な値段を付けて売りつける」ことを日々研究しています。心理学を悪用したセールストークは、価値の無い物でも価値があるように見せかけることができるのです。

詐欺師に騙されないために必要なこと。それは、上辺ではなく本質を見る目を養うことです。そのためには知識が必要です。

マスクを買う際は、そのマスクを販売している会社を調べる。そして、ちゃんと信頼できる会社なのか見極めてから買う。少し手間がかかるかもしれません。ですが、命と健康に関わることです。私はこの一手間が必要な事だと考えます。

お金を掛けないpm2.5対策

裕福な方々の場合は、高価なマスクや空気清浄機をバンバン買って頂くとよいのではないかと思います。裕福層がお金を使ってくれることにより、多少は景気回復効果があるのでは?と思います(たぶん)。

一方、あまりお金を掛けられない人もいると思います。したがって、なるべく無料でできるpm2.5対策を挙げてみます。(私もお金を掛けられない人の1人です)

ちなみに、私はpm2.5も黄砂も全く感じないので、特別な対策はやっていません。完全にノーガード戦法(笑)です。

対策1: pm2.5の警告が出ている時は、なるべく外にいる時間を減らす

前述の各都道府県公式サイトへのリンクを確認してください。

対策2:雨に濡れないように注意

雨は大気汚染の影響を強く受けています。大気中のpm2.5は、雨に混じって地上に降り注ぐのです。可能な限り、雨には濡れないようにすべきと言えます。

備えあれば憂いなし。折りたたみ傘を持ち歩きましょう。

対策3:鼻呼吸を徹底する

pm2.5は小さいので、鼻呼吸しても体内に入ってくるから意味がないと言われているようです。

しかし、pm2.5が他の物質にくっついていた場合はどうでしょう?花粉やホコリなどですね。通常の花粉やホコリなら鼻のフィルターでブロックできます。花粉やホコリをブロックするついでにpm2.5もブロックできるかもしれません。

鼻の段階で止まったほうが、肺の奥深くまで入ってこられるよりはマシです。

そういう風に考えると、鼻呼吸はpm2.5にもある程度効果ありと言えるのではないでしょうか。

口呼吸だと、花粉もpm2.5も排気ガスも砂ボコリもすべて体内に取り込んでしまいます。どちらにせよ口呼吸にはメリットがないので、鼻呼吸にした方がいいと思います。

対策4:家に入る前に服をはたく。手洗い、うがいを徹底する。目を洗う(追記あり)

目は洗わない方がいいと言っている専門家もいます。頻繁に目を洗うのは確実に害になるようです。

追記:目を洗うことについて

私の場合は、外から帰ってきた時に1回だけ、手のひらに水道水を溜めて軽く洗っています。(今は全く洗っていません。)

目を洗うと、目の表面に傷がつく危険性があるとのことです。

目を洗うのはpm2.5の濃度が高い時だけにすることをおすすめします。(あとはゴミや異物が入った時など)

対策5:洗濯物は家の中に干す

洗濯物を外に干しているとpm2.5が付着してしまいます。

pm2.5の濃度が高い時はなるべく部屋干しを。

布団を干す時はカバーをかけておきましょう。取り込む時にカバーをはたけば、pm2.5を払い落とせます。

対策6:玄関や窓の付近はこまめに掃除

玄関や窓の近くのゴミにはpm2.5が付着しやすいので、こまめに掃除しましょう。

対策7:キノコは洗って食べる(追記あり)

追記:市販の国産キノコは室内やハウスで作られているため、汚染を気にする必要なし。

キノコ狩りなどで採ってきた物は、多少気にする必要があるかも。

キノコは環境汚染の影響を受けやすいと言われています。

中国産のキノコは食べないことをおすすめします。

日本国産のキノコについては、汚染の影響がどの程度なのか不明な点が多いので、とりあえず洗って食べましょう。

表面のpm2.5は水で洗い流すことが可能です。

キノコは洗うと風味が落ちるのが難点です。しかし、衛生的には軽く洗ったほうがいいみたいです。(内部に汚染物質が入っている場合は洗っても意味がありませんが。いずれにしても、市販のキノコは気にする必要なしです)


この記事が役に立ったらシェアしてください