初期の応急手当が命の分かれ目になることも!【熱中症】こんな時どうする?

熱中症とは?用語解説

限度を超えた暑さは、人間の体に様々な悪影響をもたらします。

代表的な症状は次の4つ。

熱失神」「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病

そしてこの4つをひっくるめて「熱中症」と呼ぶ。つまり、熱中症とは高温多湿(夏の暑さなど)が原因の熱性障害の総称。

熱中症の症状一覧
 熱失神 症状:軽い失神・めまいなど。危険度1
 熱痙攣 症状:大量の汗・筋肉の痙攣・筋肉痛など。危険度1
 熱疲労 症状:めまい・頭痛・吐き気・嘔吐・手が冷たい・寒気など。体温はそれほど高くはない。危険度2
 熱射病 症状:汗が出ない・皮膚が赤い・言動がおかしい・歩けない・意識不明など。体温が異常に高い。40度以上の高熱。危険度3

※直射日光が原因の熱射病のことを日射病とも言います。

熱中症の原因一覧

熱中症の主たる原因は、水分不足と塩分不足です。炎天下での作業・高温多湿な環境が熱中症を引き起こします。

  • 熱失神の原因…暑さ。皮膚血管の拡張による血圧の低下。
  • 熱痙攣の原因…重度の塩分(ナトリウム)不足。水だけ飲んでいると起こりやすい。
  • 熱疲労の原因…重度の水分不足。塩分も不足。
  • 熱射病の原因…熱疲労をこじらせると熱射病に。危険度は3で、命にかかわる危険な状態です。

【動画】熱中症の正しい応急手当とは?氷で冷やすのは危険!

熱中症の応急手当について、とても分かりやすく解説している動画がありましたのでご紹介します。

↓忙しい人のための動画の要点↓

熱中症の患者を発見した、熱中症になってしまったと感じたら?

体育館や室内でも熱中症になるので注意。

次の場合は直ちに救急車を呼び、同時進行で手当を行ってください。「熱が異常に高い場合」「飲み物が飲めない場合

  1. 風通しの良い涼しい所に移動。
  2. 楽になるように洋服をゆるめる。
  3. 水分補給を行う。水はダメ、ジュースもダメ。
  4. 電解質を含んだスポーツドリンクが良い。電解質を摂ることが大事。塩も電解質。
  5. お腹を壊すので一気に沢山飲ませないこと。少しずつ飲むように。
  6. 足を高くする。ぬれタオルで首の後、脇の下を冷やす。
  7. しばらく様子を見る。

熱中症での適切な体の冷やし方

  • 体が火照っている時は、霧吹き・ぬれタオルで体を軽く湿らせる。体にこもった熱を適度に逃すことができてよい。
  • だからといって、氷など極端に冷たい物で局所を冷やすのはよくない血の流れが悪くなり、体温が下がりすぎてしまう

熱中症は予防が大切

  1. 運動する時は、こまめに水分を補給。
  2. 15~30分ごとに200ミリリットル~250ミリリットルのスポーツドリンクを飲む。
  3. キンキンに冷えた物はおいしいが、体には冷たすぎないほうが良い。
  4. 夏は暑いので、運動しなくても外に出る時はスポドリを持ち歩いたほうが良い。

補足:意識障害の疑いがある時も救急車を呼びましょう。(呼びかけても応答がない場合など)

熱中症の初期症状とは?

熱中症の恐い所は、自分でも気付かないうちにヤバイ事態になっているということです。

タレントの所ジョージさんは畑仕事に熱中していて熱中症になってしまったとのこと。

部活でのトレーニング。はたまた庭の草むしり。甘く見ていませんか?「まだ大丈夫」その一瞬の油断が命取りです。

熱中症の兆候を早めにつかんで、適切に対処しましょう。

特に注意したい熱中症の症状【寒気】

熱中症の初期症状には「軽いめまい」や「筋肉の痙攣」があります。どちらも運動による疲れと勘違いしやすいので注意。少しでも熱中症の兆候が現れたら、無理せずに休息をとってください。

熱中症の初期症状で特に注意したいのが「寒気」です。皮膚(手)が冷たい時は要注意。人間の体は本来「暑い時は手が温かくなる」ようにできています。体に熱がこもらないように、手や足から熱を放出しているからです。「暑い時に手が冷たい」というのは通常とは逆の反応です。体温調節機能が破綻しかけている恐れがありますので、早急な対策が必要です。

スポーツドリンクの飲み過ぎは逆に体に悪い?

暑い時のこまめな水分補給は大事です。しかし、汗をかいてもいないのに、スポーツドリンクを水がわり飲むのは考えものです。

理由は、塩分や糖分の摂り過ぎにつながる可能性があるからです。塩分は血圧を上げる。糖分は血糖値を上げる。高血圧や糖尿病の人は、スポーツドリンクには注意すべきと言えます。

健康な人でも糖分の摂り過ぎは肥満を引き起こします。

最近はカロリーゼロの物も販売されていますが、ほぼ100%人工甘味料が使われていることをお忘れなく。

電解質飲料の作り方

電解質飲料は簡単に自作できます。健康を気にする人は自分で作ってしまうのも手です。

水または白湯1Lに、食塩小さじ2分の一杯(3グラム)、砂糖大さじ4.5杯(40グラム)を加える。レモン汁を少々。

麦茶に配合してもよさそうですね。

白砂糖ではなく黒糖を使えば血糖値の上昇がゆるやかに。いくばくかの肥満対策になります。

塩は天然塩・自然海塩などを使いましょう。

子供に飲ませる場合の注意点

  • 1歳未満の子供の塩分摂取量は1.5グラム(小さじ4分の一杯)、砂糖摂取量は15グラム(小さじ5杯)が推奨されています。過剰摂取にご注意ください。
  • 1歳未満の子供に黒糖はおすすめできません。
熱中症にならないための予防法

スポーツドリンクの飲み過ぎはよくありません。しかし、飲むタイミングとしては、汗をかく前に飲んでおかないとダメです。「喉が渇いた」と感じた時には既に手遅れなケースもあるからです。

野外での運動や外回りに出かける前に、あらかじめスポーツドリンクなどを飲んでおきましょう。

体調が悪い時、寝不足の時、酒を飲んで酔っている時は特に注意。無理をしないようにお気をつけください。


この記事が役に立ったらシェアしてください