「私の体脂肪率は本当に合ってるのか?」

ダイエットや筋トレをしている人なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

私は筋トレをしているのですが、単独の測定結果だと正確さと公平さに欠ける側面があります。

そこで、別のメーカーの機種も試してみることにしました。

(筋トレしても数値に変化なしなので、ムカついてきて別の体組成計を買った…訳ではありませんよ~)

有名メーカー「オムロン」と「タニタ」の体組成計の比較を行いたいと思います。

同じ価格帯「オムロンカラダスキャンhbf-214」「タニタbc-705」の体組成計を比較

今回比較した機種は次の2つです。

オムロンとタニタの体組成計の外観

オムロン(黒) hbf-214

リンク案内矢印アイコン・サイト外オムロン 【薄型設計】体重体組成計 カラダスキャン HBF-214-BW ブラウン

タニタ(白) bc-705n

リンク案内矢印アイコン・サイト外TANITA 【わずか1200gの本体軽量モデル】 体組成計 ホワイト BC-705N-WH

(価格は常に変動しているため、いつも同じ価格帯とは限らないのでご了承ください)

基本的なデータは次の通りです。

発売日

  • オムロン 2007/4/30(Amazon.co.jp での取り扱い開始日)
  • タニタ 2013/7/22(Amazon.co.jp での取り扱い開始日)

オムロンカラダスキャンhbf-214は黒とピンクが2007年発売、白と青が2011年発売。色違いで型番は同じ。

体組成計の重さ

  • オムロン 1.6キロ
  • タニタ 1.2キロ

それでは早速、数値の精度についての比較に入って行きたいと思います。

体重

 オムロン  タニタ
 (オムロン)体重58.3kg 2015/4/29  (タニタ)体重58.3kg 2015/4/29

さすがに体重は完全に一致。これがバラバラだと話になりません。

BMI値

オムロン タニタ
(オムロン)BMI値19.5 2015/4/29 (タニタ)BMI値19.5 2015/4/29

BMI値も完全に一致。BMIとは、体重を身長の2乗で割った値です。

シンプルに体重と身長から割り出されているため、機種による違いはない模様。

基礎代謝量

オムロン タニタ
(オムロン)基礎代謝1466キロカロリー 2015/4/29 (タニタ)基礎代謝1412キロカロリー 2015/4/29

何もしなくても消費される基本のエネルギーが基礎代謝。

普通は、基礎代謝は高いほうが良いと見なされます。

オムロン1466キロカロリー、タニタ1412キロカロリーと出ました。オムロンのほうが54キロカロリー高いです。

タニタでは基礎代謝のレベルも分かります。

評価は「少ない」「標準」「多い」の3段階。さらに細かく区分された9段階のバーも表示されています。

写真の場合は「多い」でバーのレベルは8。あと1つ上がれば最大レベルの9なので、基礎代謝は多めと見なしてもよさそうです。

体内年齢

オムロン タニタ
(オムロン)体内年齢20歳 2015/4/29 (タニタ)体内年齢18歳 2015/4/29

タニタ・オムロン共に、基礎代謝量から体年齢を出していると取説に書いてありました。

それなのに、基礎代謝が低いタニタのほうが体内年齢が若い。

タニタの体内年齢の判定が甘いということですね。

内臓脂肪レベル

オムロン タニタ
(オムロン)内臓脂肪レベル3 2015/4/29 (タニタ)内臓脂肪レベル2.5 2015/4/29

実は、全ての脂肪が悪玉というわけではなかったのです。

本当に注意すべきなのは、内蔵の周りにつく内臓脂肪だったのです。

内臓脂肪が引き起こす病気で有名なのが肝硬変で、肝臓の周りにつく脂肪が原因の1つと言われています。

内臓脂肪はレベルが高いほど危険ということになります。

オムロンでは「レベル3」で評価は「標準」。タニタでは「レベル2.5」で同じく「標準」。

オムロンの内臓脂肪レベルの詳細
  • 内臓脂肪レベル1~9=標準
  • 10~14=やや高い
  • 15~30=高い
タニタの内臓脂肪レベルの詳細

1~59レベル

筋肉

オムロン タニタ
(オムロン)骨格筋率39.4% 2015/4/29 (タニタ)筋肉量48kg 2015/4/29

指標そのものが違うため、数値も全く異なります。

  • オムロン…骨格筋率(パーセント)
  • タニタ…筋肉量(キログラム)

オムロンでは骨格筋のみ測定されているのに対し、タニタでは全ての筋肉の合計を測定しているようです。

  1. 骨格筋とは、トレーニングで増やすことができる筋肉。
  2. タニタでは、骨格筋・平滑筋・水分量を合計し、筋肉量として表示している。
  3. 平滑筋とは、自分の意志で鍛えることができない筋肉。胃などの内臓のことを指す。

オムロンは骨格筋率39.4%で「高い」、タニタは48キロで「少ない」と出ました。

体脂肪率

オムロン タニタ
(オムロン)体脂肪率16.1% 2015/4/29 (タニタ)体脂肪率13.1% 2015/4/29

さて、いよいよ気になる体脂肪率の結果です。

  • オムロンでは「標準」で体脂肪率は「16.1%」
  • タニタでは「-標準」で体脂肪率は「13.1%」

3%の差が出ました。1%程度なら誤差の範囲ですが、3%となると結構差があるのではないでしょうか。

オムロンの体脂肪率の詳細

「低い」「標準」「やや高い」「高い」の4段判定。

体脂肪率判定の根拠には「Lohman(1986)および長嶺(1972)によって提唱されている肥満判定」を採用。

タニタの体脂肪率の詳細

「やせ」「-標準」「+標準」「軽肥満」「肥満」の5段判定。

体脂肪率判定の根拠には「DXA法」を採用。

時間帯によって体脂肪率が変わるしくみ

体脂肪を量る仕組みをもう少し詳しく解説します。

体組成計では、体にごく微量の電流を流すことによって、体脂肪率を測定しています。

  1. 脂肪はほとんど電気を通さない
  2. 筋肉や水分は電気を通しやすい

電気が通り易いか通りにくいかを基準に用いて、体脂肪率が測定されているというわけです。

人は日中、立ったり座ったりして活動しています。

その結果、1日の後半(夜)は脚に水分が降りてきています。

このように、体内で水分の移動があるため、電流の流れ具合に変化が生じ、体脂肪率が変動するのです。

体に微弱電流を流して体脂肪を測定する方法は「BIA法」と呼ばれています。

オムロンでは「BIA法」を使用。一方、タニタのbc-705nはBIA法の進化版である「リアクタンステクノロジー」を搭載。

リアクタンステクノロジー

リアクタンステクノロジーでは、時間帯によって変わる体脂肪率の誤差が少なくなるように設計されているため、精度が上がっているとのことです。

タニタのアスリートモードとノーマルモードの比較

タニタの取説によると、アスリートモードの定義は次のようになっています。

18歳以上で、

  1. 一週間に12時間以上トレーニングしている。
  2. 体育会やスポーツ事業団に所属し、競技会などを目指している。
  3. プロスポーツ選手
  4. ボディビルダーのように筋肉量が多くなるようなトレーニングをしている。

ただ、4つを全て満たした場合がアスリートなのか、1つでも当てはまればアスリートなのか書かれてないんですよね。

さすがに全部当てはまる人なんてほとんどいないと思いますが…。

私の場合は4に当てはまらなくもないので、アスリートモードでも量ってみることにしました。(現在は3日に1回のスロートレーニングを行っています)

アスリートモードだと全ての数値がパワーアップ

オムロンと比較した場合も、筋肉量以外は全てタニタのほうが高スコアになりました。

内臓脂肪レベル
ノーマル アスリート
(タニタ)内臓脂肪レベル2.5 2015/4/29 (タニタアスリートモード)内臓脂肪レベル1 2015/4/29

レベル2.5→レベル1に。1は最も少ない値です。

(オムロン)内臓脂肪レベル3 2015/4/29

オムロンとタニタのアスリートモードの差は2ポイント。

筋肉
ノーマル アスリート
(タニタ)筋肉量48kg 2015/4/29 (タニタアスリートモード)筋肉量50.6kg 2015/4/29

48キロ→50.6キロに。「少ない」が「標準」に。

標準といってもレベルは4なので、「多い」まで持って行くにはあと3ポイント必要です。

基礎代謝
ノーマル アスリート
(タニタ)基礎代謝1412キロカロリー 2015/4/29 (タニタアスリートモード)基礎代謝1484キロカロリー 2015/4/29

1412キロカロリー→1484キロカロリー

基礎代謝が最大レベルの9に。基礎代謝が最大レベルの割に筋肉が少ないような、そうでないような。

一般的には、筋肉が多いほど基礎代謝が高いと言われています。

タニタの取説には、

  • 「基礎代謝はその人の筋肉の量によって大きく左右される」
  • 「同じ体重でも脂肪が少なく筋肉が多い人の方が基礎代謝が高くなる」

と書かれていました。

(オムロン)基礎代謝1466キロカロリー 2015/4/29

オムロンとタニタアスリートモードの差は18キロカロリーです。

体脂肪率
ノーマル アスリート
(タニタ)体脂肪率13.1% 2015/4/29 (タニタアスリートモード)体脂肪率8.4% 2015/4/29

10%切った―。

(オムロン)体脂肪率16.1% 2015/4/29

なんと、オムロンとタニタのアスリートモードでは、体脂肪率に約2倍の違いが。

オムロンが厳しいのか、タニタのアスリートモードが甘すぎるだけなのか…謎ですね。

いずれにしても確かなことは、体脂肪率は量る機械によって大きな差があるということです。

もし、実社会やネットで、

「俺ってさァ体脂肪率10%以下だから」

とドヤ顔で語っている人を見かけたら、

それ量る機械によって全然違う結果になるからね^^」

と教えてあげたほうが良いかもしれません。

タニタの体組成計を使った体型の目安

ちなみにアスリートモードの結果が本当なら、私は細マッチョの部類に入るようです。

さすがに体脂肪率8.4%はねぇだろと思うのですが。

●(体脂肪率判定)×(筋肉量判定)=体型

  • (肥満・軽肥満)×(少ない)=隠れ肥満
  • (肥満・軽肥満)×(標準)=肥満
  • (肥満・軽肥満)×(多い)=かた太り
  • (+標準・-標準)×(少ない)=運動不足
  • (+標準・-標準)×(標準)=標準
  • (+標準・-標準)×(多い)=筋肉質
  • (やせ)×(少ない)=痩せ型
  • (やせ)×(標準)=細身筋肉質
  • (やせ)×(多い)=筋肉質

まぁどうせ量る機械で違うので、ポジティブシンキングで良い結果を信用しようと思います。

総合評価

  • 体内年齢はタニタのほうが甘い。
  • 筋肉に関する数値(基礎代謝・筋肉判定)はオムロンが高く、タニタが低い。
  • タニタのほうが体脂肪率が低く出る。アスリートモードでオムロンの約半分に。
  • タニタのアスリートモードでは全ての数値が(大幅に)良くなる。
  • オムロンにはアスリートモードが無い。(2015年5月現在)

結論としては、

  1. 体脂肪率が高いとモチベーションが上がる人は「オムロンhbf-214」
  2. 体脂肪率が低いとモチベーションが上がる人は「タニタbc-705n」

で良いのではないでしょうか。

もし新しく買い直すとすればどっちにするか?

もし私が新しく買い直すとすれば、タニタを選びます。

だって、リアクタンステクノロジーって響きがかっこいいんだもん(笑)

新技術なのは間違いないですし、体脂肪率に関してはタニタのほうが信用できるはずです。

ちなみに今回使った「bc-705n」は日本製でした。(他の機種は大方Made in Chinaのようです)

bc-705n 日本製

bc-705n Made in Japan

箱の中身もちゃんとMade in Japanですね。

ネット(特にオークション)では「箱が日本製」で中身は中国製とかあるのでご注意を。

Amazonの場合は「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します」と書いてあるのを確認してから購入しましょう。

リンク案内矢印アイコン・サイト外TANITA 【わずか1200gの本体軽量モデル】 体組成計 ホワイト BC-705N-WH

Amazonから購入すれば、おかしなトラブルになることはまずありません。


この記事が役に立ったらシェアしてください