一日一食健康法はどこまで信用できるのか?当サイトでは「一日一食」を自らの身体で実践。安全性やダイエット効果について検証しました。

植物生まれの酵素【日本盛】口コミ

  • HOME »
  • 植物生まれの酵素【日本盛】口コミ

酵素は高い!続けられない!と悩んでいた私の心を動かしたサプリとは?

野菜
断食とかファスティングの事を調べていると、必ず出てくる言葉が「酵素」ではないでしょうか。

そして酵素をテーマにしたドリンクやサプリメント。

私は正直、酵素ドリンクには疑問を感じていました。だって高いし。

断食すれば食費を節約できます。

しかし、そのお金で高額な酵素ドリンクを買ってしまったら…。節約どころか赤字ですよね。

ところが偶然にも、

「値段が安く」

「品質も良い」

酵素サプリメントを見つけてしまったのです。

公式サイトを見るリンクはこちら

日本盛の酵素公式サイトへのリンク日本盛 植物生まれの酵素

「植物生まれの酵素」クイックレビュー

販売会社安全確認済み日本盛株式会社
創業年月日1889年
資本金5億7915万円
従業員数約200名
売上高206億6200万円(2007年3月期)

◎特に優れていると思った点

checkbox3131種類の野菜や果物が丸ごと入っている。(皮や種まで)

checkbox3熊本産の有機野菜がメイン素材として使用されている。

checkbox3腸まで届く乳酸菌に加え、オリゴ糖や食物繊維が入っている。

checkbox32年間に渡り発酵。栄養価のピークまで完全に熟成されている。

checkbox3商品の価値と値段のバランスが良い。送料無料、30%割引キャンペーン中。

酵素は高額なので諦めていた私ですが、実を言うと、日常生活で発酵食品が足りていませんでした。

発酵食品の代表格、「梅干し」や「たくあん」などの漬け物はほとんど食べることがありません。スーパーの漬け物は不味くて食べる気にならないからです。(味噌や醤油は使いますが、熱で酵素が壊れてしまう)

植物生まれの酵素を飲むようになってからは、不足しがちだった発酵食品を補えて安心しています。

公式サイトを見るリンクはこちら

日本盛の酵素公式サイトへのリンク日本盛 植物生まれの酵素

私が、植物生まれの酵素の購入を決断した理由

私は健康オタクですので、サプリメントを購入する時は、

超徹底的に調べつくします。

今から、私が購入までに調べつくしたことを、包み隠さずお話します。

どうぞご活用ください。

まずは値段を調べました。

まず、酵素のドリンクとかサプリなどの相場は5000円~10000円。調べてみると、定期コース割引でも5000円くらいする物が多い。一万円以上する物もあり。

5000円の酵素を1年間飲んだ場合、6万円の出費となります。

5000×12=60000

増税後の酵素商品、値段を徹底比較。

2014年4月から、消費税が5%から8%に引き上げられることになりました。

消費税が上がるということは、高い買い物ほど負担が大きくなることを意味しています。

酵素ドリンクや酵素サプリメントは、全体的に値段が高い傾向があります。商品選びには十分ご注意ください。

なお、消費税は来年の2015年には10%にまで引き上げられます。一応、政府は「予定」と言っていますが、上がるのはほぼ間違いないと思います。5%から8%の増税もなし崩し的に行われたので、次も強行することでしょう。

(2014年11月追記:消費税の増税10%引き上げは、2017年4月まで延期されました。どうせなら900年先まで延期してほしいものです。)

健康食品は、食事と同じく毎日続けてこそ効果を発揮するものです。

今使っている商品は、本当に必要なのか?

新しく使う商品は、これから先も本当に必要なのか?

改めて考えてみる必要があるのではないでしょうか。

増税後の酵素サプリメントの値段を調査し、負担額を計算しました。

注意生酵素で有名なサプリを調査しました。

増税前負担額増税後の値段
8900円250円危険9150円

※1袋あたりの値段。1袋で一ヶ月分。

毎月届けられる定期コースだと、

  • 最初だけ6400円
  • 2回目以降は8020円

つまり、定期コースを1年間続けた場合、

…6400+8020×11=94620円(増税の負担額…2590円

四捨五入すると約9万5千円の出費となります。

個人的には、かなり大きな経済的負担だと思います。(私が貧乏人だからですけどネ)

どんなに良いものでも、続けられないと意味がありませんからねぇ。残念ながら。

「品質が良く」「値段も手頃」な商品が欲しい。これが、私達ユーザーの本音ではないでしょうか。

注意増税後の酵素ドリンクの値段を調査し、負担額を計算しました。

芸能人を使ったド派手な宣伝で有名な酵素ドリンクを調査しました。

増税前負担額増税後の値段
4980円120円危険5100円

※1本あたりの値段。

※単品1本の注文は送料630円を取られてしまうので、実質的には5730円となります。

毎月届けられる定期コースだと強制的に2本お届け。値段は9850円。

つまり、定期コースを1年間続けた場合、

…9850×12=118200円(増税の負担額…3000円

四捨五入すると約12万円の出費となります。

広告塔が若い女性なので、ターゲットは若者だと思うのですが…。

単に見た目のレベルを上げたいのであれば、ファッションに投資することをおすすめします。12万円もあれば、良い服も買えるし、良い美容院にも行けますので。

なお、業者のホームページによると「1日20ミリリットル」飲んでくれとのこと。

1本500ミリリットルらしいので、500÷20=25。25日分しかないようですね。残念。

週末断食を推奨されているようで、丸一日何も食べずに酵素ドリンクだけを飲むと良いそうです。

ちなみに、私は週末断食には反対です

体のバランスを崩す恐れがあるからです。毎日食べていた物をいきなりゼロにしたら、バランスが崩れるのは容易に想像できると思います。

OK植物生まれの酵素の場合

増税前負担額増税後の値段
1470円42円1512円

※1袋あたりの値段。1袋で一ヶ月分。

毎月届けられる定期コース(隔月)だと、

  • 初回1512円
  • 2回目以降は1901円

つまり、定期コースを1年間続けた場合、

…1512+1901×11=22423円(増税の負担額…625円)

四捨五入すると約2万2千円の出費となります。

一日あたりに換算すると、たったの60円です。缶ジュース一本我慢すれば元が取れますね。

植物生まれの酵素は、元々の値段が低いため、増税の影響を受けにくいと言えます。

形状の違う商品を比較したことについて

ドリンクタイプ。生タイプ。粉末タイプ。形状が違えば効果も違うから、値段の比較はフェアではないと思った方もいることでしょう。

しかし、冷静に考えてみてください。

ドリンク、生、粉末。その全てが、元を正せば「食材を発酵させて作っている」ことに違いはないのです。ドリンクだろうが粉末だろうが「中身は同じ」なんです。

中身が同じなら、効果も同じと考えるのは自然なこと。

植物生まれの酵素はフリーズドライで粉末化されています。フリーズドライとは、冷凍して乾燥させる最新の技術です。

水分を飛ばすので衛生面に優れ、長期保存が可能。その上、熱を加えないので栄養の損失が極めて少ないとされています。NASAの宇宙食にも採用されている技術です。

フリーズドライは、栄養素を壊さずに保存できる優れた技術と言えますね。

公式サイトを見るリンクはこちら

日本盛の酵素公式サイトへのリンク日本盛 植物生まれの酵素

植物生まれの酵素の口コミもしっかりと調べました。

  • 植物生まれの酵素ユーザー口コミイラスト芯から強くなった感じで、自分の力で健康を守っているという実感があります。
  • 体の中から綺麗になっているみたいです。自分に自信が持てるようになりました。
  • 付き合いで外食することが多く、栄養のバランスが偏ってしまいがちなのですが、日本盛の酵素を飲むようになってからいい感じです。
  • さすがに寄る年波には勝てないようで、季節の変わり目が気になっていました。日本盛さんの酵素を飲むようになってからは調子が良いです。
  • 朝食を植物生まれの酵素とフルーツに置き換えてプチ断食酵素ダイエットをやってみました。だいぶポッコリがスッキリした感じがします。
  • 不要なものを溜めない力を実感しています。もやもやが取れ、毎日のリズムが整いました。日本盛酵素ユーザーイラスト
  • いくつになっても若々しくすごしたい願望がありました。どうせ続けるのならお得な方がいいと思い、初回お試しが安かったので日本盛さんにしました。
  • 健康を支える成分は加齢とともに減少してしまうと聞いたので初めてみました。

植物生まれの酵素・口コミの分析結果

口コミを分析してみたところ、植物生まれの酵素は40代以上の方々に好まれている傾向がありました。

やはり、毎日飲む物だから、信頼できるメーカーの商品を選びたいのではないでしょうか。

「毎日のスッキリを実感」の声も最多いみたいですね。

次は悪い口コミも見てみましょう。

ものごとには必ず「良い面」もあれば「悪い面」もあります。良い口コミもあれば悪い口コミもあるのが自然です。

「色んな意見を聞いた方が正しい判断ができる」と私は思います。

悪い口コミの分析

  • 055021一ヶ月続けてみましたが、何の変化もありませんでした…。残念です。
  • どちらかと言うと安いのが良いんですけど、他のと比べると安すぎだし、逆にちょっと心配かなぁ。
変化を感じられない

植物生まれの酵素は、見た目がカプセル状ではありますが、薬ではなく食べ物です。

いわゆる発酵食品の一種。そのため、薬のような即効性はありません。(薬には即効性があるが副作用もある)

味噌や醤油などの発酵食品が健康に良いのと同じです。

植物生まれの酵素では131種類の野菜が原料に使われているようなので、野菜不足が気になる人にとってはありがたいのではないでしょうか。

安すぎて不安

確かに安い商品は品質が悪いケースもあります。

私も、販売元が怪しい業者の場合は絶対に買いません。私が考える怪しい業者の定義とは、以下の3つです。

  1. 規模が小さすぎる。(資本金が貧弱、従業員数が少ない)
  2. 運営実績が短すぎる。
  3. 専門分野外。(食品・健康・医療と関係ない会社も健康食品を販売しているので注意)

本当に信頼できるメーカーなのか確かめるべく、日本盛が販売している他の商品も調べてみました。

どうやら日本盛は「米ぬか美人」と言う化粧品で有名なようです。調べてみると、口コミサイトの総合評価は割と高い。

米ぬか美人の評判

※掲載画像はアットコスメより引用

通常の場合、評価する人が増えると総合評価は低くなりがちです。しかし、日本盛の化粧品は477人の総合評価が4.5なので、レベルの高い商品だと言えます。

大正と昭和の時代には、天皇陛下の即位式に「日本盛」が御用酒として納入されていたそうです。

歴史が120年以上続いており、実績もある。

会社としては優秀な部類に入るのではないでしょうか。

公式サイトを見るリンクはこちら

日本盛の酵素公式サイトへのリンク日本盛 植物生まれの酵素

販売している会社がどんな所なのか調べました。日本盛とは?

日本盛は120年以上の歴史がある日本酒の会社です。

私はあまりお酒のことに詳しくないので知らなかったのですが、CMとかもあるみたいです。

資本金も5億円以上あるとのこと。

低価格・高品質を実現するには、豊富な研究開発費が必要です。

また、日本盛は120年以上日本酒の会社を続けているというのも大きなポイントです。

日本酒は発酵食品であるため、発酵のノウハウについては詳しいと考えられます。

購入前の安全性確認(成分・材料の原産地・工場の管理体制を徹底チェック)

健康食品は毎日食べる物です。どんな成分が使われているのか気になったので、すべての成分を徹底的に調べました。

同じように安全性が気になる方もいることでしょう。調べた結果を書いておきますので、参考にしていただけると幸いです。

チェックアイコン2植物発酵エキスパウダー

このサプリの主成分。2年間発酵熟成された野菜や果物です。

チェックアイコン2難消化デキストリン

難消化性デキストリンとは食物繊維のこと。食物繊維には、不要なもの押し出す働きがあるとされています。毎朝スッキリが期待できますね。

チェックアイコン2フラクトオリゴ糖

玉ねぎなどに多く含まれる天然成分。乳酸菌はオリゴ糖を食べます。オリゴ糖は乳酸菌の栄養となることで、その働きをサポートしているのです。

チェックアイコン2HPMC(針葉樹の皮由来)

カプセルの成分。植物由来で無害。

チェックアイコン2有胞子性乳酸菌末

生きて腸まで届く特殊な乳酸菌。

チェックアイコン2ショ糖脂肪酸エステル

「そんなショ糖脂肪酸エステルで大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない。」

WHOなどの国際機関(国際機関なので信ぴょう性が高い)の情報を載せているサイトを調べたところ、催奇形性などのネガティブワードは見当たりませんでした。

WHO食品添加物シリーズ・ショ糖エステル類(英語/訳)

ラット、犬、人に対する影響を検証した結果、副作用は見られなかったという結論が出ているようです。

下の写真は植物生まれの酵素の成分一覧表です。「含まれている量が多い順」に書かれています。

植物生まれの酵素:成分一覧

ショ糖脂肪酸エステルは一番下に書いてありますね。つまり、極めて少ない量しか入っていないということです。微量なので体には何の影響もないということです。

カプセルの中身が均一に混ざるようサトウキビ由来のショ糖脂肪酸エステルを滑沢剤(かったくざい)として極微量配合されています。

※引用元:植物生まれの酵素 健康食品について よくあるご質問 | 日本盛オンラインショップ.

植物生まれの酵素に含まれているのはサトウキビ由来の成分とのこと。食品に近い成分なので、なおさら安全性は高いと言えます。

なお、サプリメント(カプセル・タブレット)は添加物なしで作ることは不可能と言われています。完全無添加で作ろうとすると、固まらなかったり、均一にならなかったり、品質の劣化などが問題となってきます。

添加物の問題は、いわば量の問題

添加物はなるべく避けたいのは確かです。しかし完全にゼロにするのは不可能。

怖がりすぎると、添加物ノイローゼになってしまい、ストレスで体調を崩します。

それに、無添加でも粗悪な商品もあります。例えば、無添加でも素材の質が悪ければ、全体の価値は下がってしまうのです。

無闇やたらに添加物の恐怖を煽ってくる輩には気をつけましょう。「無添加は高い」というイメージを利用し、通常より高い値段で売りつけたいだけかもしれませんからね。

最低限必要な添加物明らかに不要な添加物を見分けることは賢い選択です。

例えば、香料や人工甘味料は明らかに不要な添加物です。味をよくするためだけに使われています。

余談ですが、高額な酵素ドリンクにも、人工甘味料・香料・保存料が使われている商品がたくさんあります。

植物生まれの酵素には人工甘味料・香料・保存料などは使われていませんでした。

通常、水分が多いとカビが生えたり腐ったりします。

しかし、植物生まれの酵素は粉末タイプ。フリーズドライで水分を飛ばしているので悪くなりにくいのです。したがって、保存料は使う必要がないのだと考えられます。

植物生まれの酵素に使われている野菜は国産?熱処理はされているの?

公式ページに書いてなかったので質問してみました。

日本盛へ問い合わせ

バナナやナッツなど、外国産の食材が一部使われているようです。理由は、国内での調達が難しいからだそうです。

主要な食材は熊本県産の有機野菜とのことです。大部分が熊本産の有機野菜なので、安全性は高いと言えます。

製造過程で熱は加えられていない。水も使わない、完全な自然発酵方式となっています。
フリーズドライ(真空凍結乾燥)方式が採用されており、カプセルに詰める時も、熱は加えられていないそうです。

熱処理すると、せっかくのビタミンや酵素が壊れてしまうんです。その点、熱を加えないフリーズドライはありがたいですよね。

安全な工場で作られているのか?GMPかどうかをチェック

最後のチェックポイントとして、本当に安全管理が徹底されているのかを調べる必要があります。

サプリ販売会社が、本気で安全対策を行っているかどうか確かめる方法。それは、工場を見ることです。

どんなに良い材料を使っていても、工場が汚ければ、一発で台無しですからね。

とは言え、わざわざ工場を見学しに行くわけにもいきません。

私たちが確認すべきなのは、GMPの工場で作られているのかという点です。

GMPとは?国が定めた品質管理基準です。

医薬品レベルの安全と品質の管理を行っている工場だけが、GMP認定を受けることができます。

健康食品やサプリを作る工場は、日本国内に4000~5000ヶ所あると言われています。しかし、GMP認定の工場は、わずか120ヶ所しかないのです。

(日本通信販売協会サプリメント部会調べ)

残りの4880は、安全管理が行き届いていない、怪しい工場ということです。

かなり危険なので、サプリメントを試す前に、必ずGMP認定工場で作っているか確認することをおすすめします。

さて、日本盛はどうなっているのでしょうか?しっかりと問い合わせてみました。

植物生まれの酵素は、GMP認定の工場で作られているそうです。

植物生まれの酵素 GMP認証

品質と安全の管理が医薬品レベルということなので、かなり安心ですね。

公式サイトを見るリンクはこちら

日本盛の酵素公式サイトへのリンク日本盛 植物生まれの酵素

植物生まれの酵素 感想(実際に購入して飲んで確かめました)

持ち運びにも便利なコンパクトサイズ。

植物生まれの酵素:袋

独特な香りがします。漬物っぽい感じ?

植物生まれの酵素:カプセル

カプセルを開けて味を確かめてみました。マズイのを期待(笑)してたんですが、案外普通でした。ほんのり甘い味です。ヨーグルトなどに混ぜてもいいんじゃないかと思います。

植物生まれの酵素 中身 粉

メール便で届くので、いちいち対応する手間がはぶけて便利です。

植物生まれの酵素はメール便で届く

↓長く続けているとオマケが貰えることも。

植物生まれの酵素 特典

プチ断食酵素ダイエットをやってみたい方は、普段の朝食を植物生まれの酵素2~4粒に置き換えてみることをおすすめします。

植物生まれの酵素は低カロリーなので、続ければ必ずダイエット効果があります。(低カロリーの植物生まれの酵素に置き換えることによって、1日の総カロリーが少なくなることが前提です。昼食と夕食をドカ食いしてしまっては意味がありませんのでご注意を)

一番安く購入できるのはどのショップ?

日本盛オンラインショップが一番安いのは明らかです。

その他のネットショップでは日本盛ではない別の業者が仲介して販売する形になります。

第三者が間に入れば、そのぶん人件費が商品の価格に上乗せされてしまいます。

初回30%割引されるのは日本盛の公式オンラインショップだけ。(1袋から)

もし私が新しく買うとすれば、まずは1袋だけ試してみます。

いくら信用できる会社とは言っても、初めてでいきなり定期コースは不安がありますからね。

気に入らなければ次はなしでOKでしょう。

5千円以上する酵素ドリンクに比べれば、金銭的なリスクは極めて少ないので安心です。

公式サイトを見るリンクはこちら

日本盛の酵素公式サイトへのリンク日本盛 植物生まれの酵素

PAGETOP
Copyright © 一日一食の効果をガチで検証 All Rights Reserved.